こんにちは、5F小室です。
本日は防水やお手入れについてのお話を、、、

a


時計には様々な防水性能があるので、いくつかその性能についてご紹介します。
{30m防水}3気圧防水。雨に濡れても大丈夫な程度。水道の蛇口などの水が直接かかると、時計内部に水が浸入する恐れあり。
{100m防水}水泳など水中に時計を入れても問題なし。ただし腕を強く振ったりすると10気圧以上の水圧がかかる恐れがあるので、注意が必要。
{300m防水}ダイバーズウォッチとしての性能有。

h5-008


防水が高い時計でも注意点があるのでご紹介します。
1つ目が水中でのプッシュボタンの使用です。
時計内部に水が浸入して、メカニズムの重大な故障の原因になる事があります。
2つ目がお風呂での使用です。
どんなに防水が高い時計でも、時計内部が高温になると、機械油の拡散や文字盤の劣化につながる可能性があります。

給湯器お湯白く濁る


時計の置き場所に関してですが、テレビやオーディオなどの電化製品の近くに置くと内部の部品が磁化してしまいます。
また、直射日光は、文字盤の変色や内部の油の乾きにつながることもあります。

磁石の磁気で壊れる?-380x226
shutterstock_101457976

また、ゴルフや野球などをする際は時計を外して下さい。
インパクトの際の衝撃が落下のショックと同じくらいになってしまいます。

main_photo_4


ベゼルや計算尺は使わなくてもたまには回してあげるのが機械には優しいです。
長期間ずっと動かさないでおくと、潤滑剤のグリースが固まったり、ケースとの隙間に細かな汚れが溜まって固まってしまう可能性もあります。


注意点が多くて大変に感じてしまうとは思いますが、慣れてしまえば気にする事もないので機械式時計の魅力を感じて欲しいと思います。