こんにちは、5階小室です。
4日5日に待ちに待ったレッドブルエアレースが千葉幕張で開催され、
ブライトリングがオフィシャルタイムキーパーを務めます。
唯一のアジア人パイロット室屋義秀選手の活躍が楽しみですね。

redbullairracechiba2016_yoshihide-muroya_JDQXKHA

ブライトリングレーシングチームからは、ナイジェルラム選手

c346b4f8

フランソワルボット選手も出場致します。

a4f16ee955212cbfa93f97e1ad205b4d-600x397

是非3選手には頑張って欲しいと思います。

本日はこちらの3モデルをご紹介させて頂きます。
l_img_01_1

クロノマットブラックカーボン
品番: M014 BJA VPB
価格:¥1,045,000-
直径:41mm
防水:200m
ムーブメント:ブライトリング01(自動巻)

サテンとポリッシュに仕上げられたケース&ベゼルに、ブラックDLC加工と呼ばれる特殊炭素コーティングを施すことで、強固な被膜を作って傷付きを軽減しております。
ダイヤルには、0.2mmのカーボンファイバー製シートを0.3mm厚の真鍮ベースに貼り合わせた、クロノマット初のカーボン・シート文字盤を採用しています。
このオールブラックボディに鮮烈なレッドを配し、クロノマット史上もっともレーシーな仕上がりです。
日本限定300本のうち、レッドブル・エアレース・パイロットの室屋義秀選手が気に入って最初のオーナーになったことでも大きな話題になりました。カーボンはエアレースの機体にも使用されている素材であり、ベゼルや針のレッドが日の丸をイメージさせる点がお気に入りポイントらしいです。左腕のクロノマット ブラック・カーボンと、最新の機体EDGE 540 V3とともに、サムライ・パイロットは世界の頂点に挑みます!

l_img_01_2

コルトクロノグラフオートマティック
品番:A181 B83 PCS
価格:¥550,000-
直径:44mm
防水:200m
ムーブメント:ブライトリング13

2年前のシーズンのレッドブル・エアレース・シリーズ最終戦で年間タイトルを決めたナイジェル・ラム選手は、冷静な判断力や安定した操縦術に定評がある熟練のパイロット。9年間の参戦でエアレースを熟知し、パイロットと同じくレース中には腕時計にも最大±10Gの重力加速度が襲いかかることを知っています。
そのディフェンディングチャンピオンの選んだ時計が、コルト・クロノグラフ・オート。ミリタリーウオッチとしてのルーツを彷彿させるパワフルなスタイルに、自動巻きクロノグラフCal.13を搭載した2015年の新作です。ブライトリングを象徴する4つのライダータブはベゼル一体型で、優れた操作性を実現しています。また、存在感たっぷりの44mm径ながら、快適な装着感も特筆もの。ためしに店頭で腕に着けてみれば、ナイジェル・ラムが愛用する理由がわかるはずです。

l_img_01_3

コルトクロノグラフ
品番:A788 B43 PCS
価格:¥420,000-
直径:44mm
防水:200m
ムーブメント:ブライトリング73(スーパークォーツ)

1980年代に誕生したコルトは、ブライトリングの中でもっとシンプルな“プロの計器”。堅牢なケースに最高の視認性、優れた実用性など、圧倒的なコストパフォーマンスをそのままに、全く新しいデザインを与えられた現行コルト・シリーズが発表されたのは、2014年レッドブル・エアレース第5戦、イギリス王室所有の格調高いアスコット競馬場で開催された英国ラウンドでした。
2014年マスタークラスに昇格してブライトリング・チームの一員に。さすがに初年度は、世界エアロバティック選手権優勝(2013年)の実績をもってしても苦戦しましたが、機体がレベルアップすれば、一気に上位に食い込む実力は持っていると目されています。そんな彼の左腕には、正確無比なスーパークォーツを搭載したコルト・クロノグラフが鎮座していました。


是非気になる商品がございましたら店頭でご覧くださいませ。